ウォーキングの健康効果について

ウォーキング

「コロナで運動できない」

「自粛期間で体型が太ってきた」

という方も多いのではないでしょうか。

たしかにこの期間ってできれば自宅に籠っていたいし、なかなか時間も取れないですよね。

ただ、「そろそろ運動しないとな~」と思っている方におすすめなのはウォーキングです。

ウォーキングには様々な健康効果がありますので、紹介いたします。

ダイエット効果

ウォーキングは、酸素を取り入れつつ、身体の中の糖類や脂肪に応じて運動エネルギーを引き起こす有酸素運動です。

息の上がるような有酸素運動ではほとんど糖質が消費されますが、

ウォーキングのような軽い運動だと脂肪が多く消費されるため、体脂肪を燃焼させる効果が現れます。

「私は脂肪燃焼したい!」という場合でしたら、ジョギングやランニングよりもむしろ

ウォーキングの方が燃焼しやすいんです。

やいら
やいら

私もジョギングでダイエットをしていたこともあるので、
本当に意外ですが、ダイエット目的で始めるならウォーキングにしましょう。

脂肪燃焼におすすめなのは20分~40分

まずは20分やるだけでも効果が出ますので、お試しください。

幸福度が上がり、気分が良くなる

朝やるだけで一日の無気力と憂鬱を改善する方法
私はこの動画を参考にしました。

なんと20分間軽い運動をするだけで幸福度が上がり心をリラックスさせてくれます(セロトニン:抗うつ効果)

それだけでなく、新しいことを学ぶのにも定着しやすい頭になる(BDNF:学習や記憶の形成に関わる)

ストレスを軽減する(βエンドルフィンというホルモンが分泌)

認知力・注意力を高めてくれる(ドーパミンが分泌)

等の効果が現れます。 

やいら
やいら

え、ウォーキングで何でそんなことになる!?

どういうことかというと、

血の巡りが良くなり、脳にまで酸素が浸透する。

→脳細胞が活性化したり脳の神経細胞の分裂が活発になり、脳をフレッシュにする。

という過程でこの4つの作用が現れます

なので、何か煮詰まった仕事があったり、気持ちが落ち込んだ状態になったら外に出てウォーキングがおすすめです。

冷静に物事を考え、気分をリフレッシュさせることができます。

当日から色んな効果が現れますので、ぜひお試しください。

生活習慣病の予防・改善

生活習慣病を知ろう! - スマート・ライフ・プロジェクト

生活習慣病とは、「食習慣運動習慣休養喫煙飲酒などの生活習慣病が、その発症、進行に関与する疾患群」のことを指します。

健康寿命をのばそう! Smart Life Project

その中の運動習慣からくる糖尿病肥満高脂血症(家族性のものを除く)、高血圧症

であれば、ウォーキングによって予防改善が可能です。

骨粗しょう症の予防

どうすれば予防できるの? | 公益財団法人 骨粗鬆症財団

運動で骨に力がかかると、骨に弱いマイナスの電気が発生し、カルシウムを呼び寄せるからです。また、運動は骨の血液の流れをよくし、骨をつくる細胞の働きを活発にします。 

公益財団法人 骨粗鬆症財団 どうすれば予防できるの? ■運動について

さらに、外に出て、太陽の光を浴びるとビタミンDが身体の中で合成され、骨や歯をたくましくするサポートもしてくれます。

ポイント

できれば朝にやる

運動をすると、脳に血流が巡り、思考力エネルギーが上がります。

その運動を午前中に行うと、脳が活性化し、一日中QOL(生活の質)を上げることができます。

ウォーキングに慣れるまでの間は時速3km~5kmを目安に

まだ運動を始めたてで、続ける自信がない方は、無理のない範囲で取り組みましょう。

一番の目的は痩せることよりも続けることです。

これを習慣化にしてしまえば、ダイエット目的が達成した後でもリバウンドすることなく、体型を維持し続けることができます。

水分補給も忘れずに!

まとめ

いかがだったでしょうか。

やいら
やいら

私は最近ドラクエウォークにハマっていまして、普段は外に出ないんですが、買い物に行くときとか外で用事ができたときには10分ほど寄り道して、ドラクエウォークをしてしまいます。
ただ、コロナにはかかりたくないので、人通りの少ないところをメインに歩いてます。
往復20分ほどしたら家に帰れるようにしているので、これぐらいでしたら自粛の範囲内かなと個人的に思います。

ウォーキングごときで痩せられるか!と思う方もいらっしゃると思いますが、

されどウォーキングでした(笑)

単発でも効果はありますが、やはり継続することに意味があります。

ダイエットを目的にされている方は強くお勧めいたします!

以上、では(^^)/

コメント

タイトルとURLをコピーしました